Loading...

CODOJO – 社内のテスターと開発者に毎週業務知識を打ちあせるチャンス

2014/08/17

Dojo会は毎週にテスターと開発者にソフトウェア開発知識を学習、打ち合わせするチャンスを提供する目的として開催されます。

codojo

CodingDojo(略語:CoDojo)はヴィーネクストで業務知識が優秀な開発者を含めるチームを設立できるという目的を持って開催されています。それは将来的な目標として考えていますが、現在の目標は社内の開発者とテスターがお互いに業務知識と技能を打ち合わせるようにすることです。このチャンスを通じて、皆さんは提出された課題解決により自分の能力が解決方法を表現でき、同僚からの経験や共有を学習できます。

Codojo会のリーダはQuynhCVであることになりましたが、他のメンバー(QuyenLM, TinhDD, DuongHT)からサポートも得られています。第1回は2月上旬に行いました。その時、CoDojo会の内容は一人が提出された一つの課題又は算数などの解決方法を発表することがありました。その後、CoDojo会の各メンバーは公式にCoDojo会の実施目標について打合せを行いました。毎週の木曜日(午後)に頻繁に実施できるためです。

現在にはCodojo会には準備された「Kata」課題で指定の時間に一人ではなく、全部の開発者も解決方法発表を登録、勝つ人は5万ドンを受賞できることになります。最初の「Kata」算数はプラスローマ数字で、5月2日13時に行いました。この回にBinhCXは最初の登録者として解決方法を提出、最後に彼が5万ドンと賞を受けました。

この最初のCoDojo会について評価を質問される時、HungPQは“CoDojo会の最初の「Kata」算数はかなり面白いです。然し、BinhCVの表現方法は沢山の理由があるので、理解にくいために、解決したのに再度説明した”と述べています。そう意見を出したのに、HungPQの考えにはBinhCVの算数解決方法は良いと評価を出し、勉強になりました。BinhCVの解決方法についてNgoLVも良い方法だと評価し、それに、CoDojo会を通じて、開発者は大勢の人に発表方を練習、皆さんに理解できるように説明するチャンスがあると嬉しく話しました。

codojo2

すべては始めが難しい”グループのメンバーとしてQuyenLMは“第一のCodojo号でありますのに、そういう結果が得られて、私の考えで、成功です。登録者は一人だけで、参加数人は余り多くないですが得られたのは社内の開発者に業務知識共有や勉強する気力をもたらすための良い開始として見られます。今後のCodojo会は参加数人が多くなり、熱心に興味がある課題について打ちあせることを信じしています。又、主催メンバーとしてCoDojo会の内容を改善、皆さんに楽しい雰囲気をもたらすように頑張ります”という意見を述べました。

第二Codojo号はNgoLVが発表、05/09に実施されました。NgoLVの説明は高く評価が得られ、説明方は詳細で、理解やすいので、皆さんは嬉しく参加しました。NgoLVはPHP言語で解決されらプラスローマ数字の算数を40分の時間に完了しました。第二CoDojo号の後に、リーダのQuynhCVは“最初にCoDojo会の発展に貢献している皆さんに感謝の意を表したいと思います。初期のCoDoJo会は社内の開発者の応援を受けたのこそ成功だったので次の共有会は皆さんの熱心な応援を続けていくと考えます。但し、いくつかのことを改善する必要があります。それは指定される時間で短く十分に説明することができるように改善することです。他には順序によりケースを適合に並べ、効果のためにコードをリファクタリングしたほうがいいと思われます。次ぎの共有会にはこの問題が一つずつに改善され、質量がもっと良いCoDojo会を作成できるといつも信じられます。”と話した。

それに、QuynhCVによると、Codojoはだれにも貶すことない個人に評価することもないので、CoDojo会の発展に貢献するように、自分の心配や遠慮を外し下さいということです。それは自分にも発展できるし、全ての参加者にも発展できます。未だ正しくない間違えることを恐れない!間違えるからこそ成長できます。CoDoJo会は段々人気があると希望しています。次のCodojo会は1407室で05/16日に実施される予定があります。

Mamut

 

 

一覧に戻る