Loading...

スクラム開発手法(Scrum)はヴィーネクストの“戦略兵器”

2013/10/01

近年、アジャイルソフトウェア開発は ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法として評価され、アジャイルソフトウェア開発手法が数多く考案されています。そのため、世界有数の企業にもソフトウェア開発が実際に採用されています。ベトナムではこの開発手法を運用している企業の数は多くではありませんが少しずつ増えつつあります。以前のように新手法にかなり心配した代わりに、ベトナムのソフトウェア企業はアジャイル開発手法を適用する気持ちが強くなりました。特に、ソフトウェア開発における軽量なアジャイルソフトウェア開発手法のひとつであるスクラム(Scrum)は登場したのは1993年、今まで産業界で様々規模で運用されています。
アジャイル開発手法により発展しているソフトウェアヴィーネクスト株式会社のHan Van Thang(CEO)及び Hoang Phan Bao Trung(CTO)と打ち合わせがありますた。
記者:こんにちは!
スクラムを運用することで、会社が発展ヴィーネクストについて紹介していただけませんか。
Han Van Thangさん: ヴィーネクストはオフィス住所は東京である日本のジーネクストの子会社です。事業内容は親会社から受託、PHP基盤でCRMシステムをアウトソーシング開発することです。然し、近年の強い発展で、親会社以外、他の顧客会社にソフトウェア開発契約を頂いて、NETやAndroidなど情報技術基盤を段々広げています。今のところで、会社の規模は50名、当社の発展需要に応じる人数を段々増えている予定があります。
記者:貴社のプロジェクト開発状況について詳しく共有していただけませんか。
Hoang Phan Bao Trungさん:現在、3件のプロジェクトが開発中、8件のプロジェクトがメンテナンス中段階です。開発しているプロジェクトに対して、プロジェクトごとの人事の数は7名~10名で、開発期間は3ヶ月~6ヶ月です。
記者 :私見なんですが、プロジェクトの規模はあまり大きくありません。然し、各プロジェクトの密度は濃い、複数のプロジェクトが同時並行して行っている状況で、そのプロジェクトの効果を維持するために、どんな方法を運用していましょうか。.
Hoang Phan Bao Trungさん:以前、当社も自分向きの開発手法を設立しました。それはウォーターフォールモデと日本のリーン生産方を合わせる手法です。そのため、その時期には当社の手法がし正式に名称されていませんでした。但し、その開発手法は“顧客向け”や“速い転換”などのリーン生産方式のいくつかの特徴を持っていました。それに、設計から開発・認証までの実施手順でもウォーターフォールモデの資料を基づきました。私たちの考えではその手法がかなり良好と思われていましたが…
記者:その手法は本当に良好ではないでしょうか。
Han Van Thangさん: Trungさんが言ったように、その手法は当社が作成出しましたが、正式の名称でもありません。(笑う)。自分の手法をシステム化にしている時、未だ完璧ではない沢山の点が残っていると見えます。
記者:詳しく説明していただけませんか。
Hoang Phan Bao Trungさん: スクラム開発手法に触れて、その手法を運用したところ、以前の手法の良くない点を見つけました。手法をシステム化にした後に、スクラム手法を検討、プロジェクト開発期間をスプリントに分割ることなど既存の手法にかなり同様だと思いました。その同様からHanoiScrumの支援のとともに、当社は検討した上にスクラム手法を正式に運用しました。スクラム手法で開発されていたいくつかのプロジェクトは高く評価されました。
記者: “スクラム手法は既存の手法とかなり同様だ”と思われる。但し、以前の手法はデメリットがあります。従って、スクラム手法はそのデメリットを改善するこどができないというのか。.
Han Van Thangさん: (笑う)以前の手法のデメリットを見つけたのはスクラム手法を運用していたところです。“スクラムは当社の既存手法にかなり同様”というのはスクラムに触れるとき、初期に感想だけで、そのため、最初にヴィーネクストはいくつかのプロジェクトに試みをやりました。
記者:ヴィーネクストでスクラム手法を運用する状況は今どうなっていますか。
Hoang Phan Bao Trungさん: 現在、社内ではスクラムを運用しているチームは二つで、チームごとの人数は7~8名です。そのチームは当社の重要な商品の開発を受託しています。そのチームも効果的に活躍して、弊社に積極的な値を持ってきました。

記者:このチームにスクラム手法を運用するのは何か困ることがありますか。
Han Van Thangさん: 一番困るのはメンバーの新しいことに受けることです。皆さんは新しいことを聞いて、その新しいことは自分にも理解するのが難しくないですが興味を持ってないものであります。二番目の困ることは管理上では思想が変わることです。スクラムには集中力が高なければならないことで、担当プロジェクト以外仕事を実施しないから、上級や中級の係り者は仕事の進歩が遅れることが遠慮がちです。また、顧客の思想が変わるのにも時間がかかります。以前には、仕事を転換するのは2日や3日までに実施しました、一日には実施するときもありました。但し、試みの結果が良かったおかげで、その困ることが殆ど解消できました。
記者:先に言ったのように、貴社はいつもお客様へ中心する方針を持っています。以前は2や3日の後に、お客様に商品のパッケージを提供しましたが、今は1週間や2週間まで待って完了の商品が届けます。それはお客の有利へ影響して、お客様が満足感が得られないことではないでしょうか。
Han Van Thangさん: 本当はそうじゃありません。実際に当社のお客様には2や3日後に商品提出に必要がありません。前の手法により、不具合を制限するのがあまり良くないこので、お客様がもっとに観察したい気持ちがあります。今、スクラム手法を運用することで、商品の質量が高く上がり、お客様は1週間や2週間の後に質量がもっと良い商品に満足感があり、観察費用もかかりません。

scrumdailymeeting

記者:スクラム手法を運用している期間の後に、貴社に「利」と「害」についてどうか評価されますか。
Hoang Phan Bao Trungさん:沢山の「利」のことが得られましたよ(笑う)当社の社内には、よく見えるのは社員の勉強意識と業務知識を磨くことです。またはプロジェクト拡張可能が高くなります。以前はPM(プロジェクトマネージャ)を見つけて教育するのは多く時間がかかります。然し、今にはスクラムフレームワーで、そのことをもっと簡単にすることができます。お客から見ると、不具合の件数が多く減少します。お客様は高める商品質量とプロジェクト管理費の減少に満足します。
記者:高める商品質量というのは詳しく説明していただけませんか。
Hoang Phan Bao Trungさん: 以前は毎週末にお客様へ商品を渡したときに、お客様から16つから20つまでの不具合を頂きました。今は、8つぐらいの不具合を頂いています。その不具合は殆どに修正するのが簡単で、というのは小さいバグです。
記者:それは貴社の得られた「利」ですが、「害」はなんでしょうか。
Hoang Phan Bao Trungさん: うん…(笑う)今まで、当社には「害」がありません。スクラムを運用するのに、多分何かがなくなったかもしれませんが、「利」のことが多すぎで、本当に見えません。スクラムが実際に運用できるのに時間もコストも努力がかかります。でも、それで効果が得られますので、「害」のことではないと思います。
記者:貴社の将来の計画について共有していただけませんか。
Han Van Thangさん: 2チームのプロジェクトを効果的に運用した後に、当社の全てのプロジェクトの手法をスクラムにする予定があります。11月より全社で実施します。6ヶ月という期間の後に、効果が出ると信じされます。
記者:6ヶ月の期間というのは貴社には高すぎな価値ではないでしょうか。
Han Van Thangさん: いいえ、試みの効果が良くと評価されましたので、手法を変換することはプロジェクト状況と会社の営業に影響がありません。そのため、それは当社に高い価値ではないと思われます。
記者:いつかスクラム手法をやめる可能性があると思いますか?
Hoang Phan Bao Trungさん: 当社の方針はお客に値を提供して、社員に満足が得ます。その方針より実施するのにスクラムは手法として役割があります。もっと良い手法を見つければ、又は、スクラム手法は当社の方針に逆になれば、会社の目標を達するために、手法を遠慮なく変わります。但し、その日は近くないと思います。なぜかというと、今、ヴィーネクストにとって、スクラム手法は一番良いもので、又は、その手法を見つけるのは時間がかかりますためです。
記者:スクラム手法運用について簡単に一文で言ってくださいませんか。
Hoang Phan Bao Trungさん: 運用するのがかなり難しいですが、運用すべきの手法です。
記者:はい、スクラム手法運用について共有して頂きまして、有難うございます。将来ますます活躍になるように祈り致します。スクラム手法を運用している状況について詳しく理解できるように、スクラムのチームのメンバーに話せて頂きます。
記者:はい、こんにちは、すみませんが、自己紹介をお願いします。
Dongさん:はい、Dongと申します。今、スクラムマスタとして活躍しています。スクラム手法により実施するのは3ヶ月です。
記者:スクラム手法により開発しているチームの各メンバーにとってどうなる感想を聞かせてくださいませんか。
Dongさん:スクラム手法を聞くと、新しいことなので、かなり興味をもっています。実は皆さんも基準な手法で、以前の手法の良くない点を制限したいと思われます。
記者:スクラム手法を運用する前と、何か変わる点がありますか。
Dongさん:一番変わったと感じられることは商品質量が高めて、TDDで不具合を正確的にコントロールできるのです。
記者:はい、どうも有難うございました。

 

 

一覧に戻る