ニュース

Vnext Software ISO/IEC 27001:2013

VNEXT BLOCKCHAIN WEEK

2018/07/10

2018年07月02日(月)~2018年07月06日(金)、ブロックチェーン展示会の連続2回出展とAI・BLOCHAINセミナーの主催が無事に終了いたしました。
展示会にお越しいただき、セミナーにご参加した方々に誠にありがとうございました。

 

♦ 2018 ASIA DIGITAL ASSET & Blockchain Congress(7月2日~7月3日)


ビットコインや他の暗号化通貨に関してのニュースでで、 “ブロックチェーン”という言葉が既に浸透しつつあります。
2017年、日本は4月1日以降、新たな仮想通貨法が導入されて以来、ブロックチェーンや仮想通貨の導入に向けて全力を尽くしています。

 

 

♦ Token sky(7月4日~7月5日)


Token sky はアジア最大級のブロックチェーンイベントである。2018年3月に韓国で行われた同イベントでは170の人と団体が登壇しました。韓国に続き、2018年7月に東京に開催された。TOKEN SKY 2018では、著名なスピーカーのみならず、120のプロジェクトの出展ブースがございました。その中VNEXTもTOMOCHAIN株式会社と同出展しました。展示会で弊社のサービス・実績を紹介いたしました。
 

 

 

1. 分散型アプリケーション開発サービスを日本で開始:


ロックチェーンの技術を利用し、お客様のビジネス、取引などをコントラクトによって処理され、データをすべてオンチェーンに保存される分散型アプリケーション(Dapps)開発を行います。


2. 仮想通貨決済の統合: 
既存のビジネスシステムに仮想通過入金・出金・決裁機能を統合する。coinbaseやbitpay等のサードパーティーのサービスを使用可能であるし、決裁システムを初めから開発することも可能です


3. ICO(新規下層通貨公開 ): 
さまざまなビジネスプロジェクトを立ち上げるための資金調達でICOを実施、導入、運用する。Ethereum、NEO、またはスマート・コントラクトを対応する任意のベースコインをベースにすることが可能です。


4. 仮想通貨取引システム: 
本格的な仮想通貨交換を行うための完全なソリューションを提供


♦ VNEXTが主催するAI・BLOCKCHAINセミナー:


07月06日に特集セミナーを主催しました。
暗号通貨 NEM の共同創業者が語る「ブロックチェーンの概要と動向」の解説と、次世代AIのコンセプト「情報融合」の手法と動向を解説いたしました。
セミナーのたくさんのお客様がご参加いただき、ありがとうございました。
最後の交流会、情報交換、案件、実績などの質疑で大変会場が盛り上がりました。
本当に感謝しております。

 

【暗号通貨 NEM の共同創業者LONGVUONG氏のプレゼンテーション】

 
Top